HOME | クラブ情報 | ご利用案内 | クラブライフ  | ウィングプロジェクト お問い合せ | FAQ | リンク 

特定非営利活動法人ソシオ成岩スポーツクラブ
愛知県半田市昭和町3-8  クラブハウス  / TEL : 0569-26-7771 FAX : 0569-26-7773

メインメニュー


 

 

 「勝てるアスリートの食事学」
2009/2  Vol.1 食事はトレーニングの一部!
  コーチから“食事はしっかり!”“バランスよく食べなさい!”などと、言われた事はありませんか?
毎日ハードなトレーニングを積み重ねているアスリートにとって、食事はとても大切!
勝てるアスリートを目指すため、コンディショニングやトップパフォーマンスを支えるためにも重要不可欠です。
アスリートの食事は3食に下記の5種類がそろっている事が大切です。
構成要素
不足すると・・・
主食
御飯・パン・麺など
主に炭水化物を含みます。
脳や筋肉のエネルギー源です。不足すると集中力の低下につながり、怪我をすることもあります。
主菜
肉・魚・
卵・豆製品など
主にたんぱく質を含みます。
トレーニングで傷ついた金筋肉を修復できず、思うようにパフォーマンスが上がらないこともあります。
副菜
野菜・海藻など
主にビタミン・ミネラルを含みます。
身体を調整する栄養素が不足することになるため、疲労回復しにくかったり、体調を崩しやすくなったりします。
乳製品
牛乳・ヨーグルト・
チーズなど
主にたんぱく質・カルシウムを含みます。
骨作りに欠かせない栄養素のため、骨折や疲労骨折の可能性が高まることもあります。
果物
主にビタミンCを含みます。
スタミナ回復や貧血予防に欠かせない栄養素のため、スタミナ切れや貧血を起こすこともあります。

さて、昨日1日の食事を思い出してみましょう!朝食から5種類そろっていましたか?
1食で5種類をそろえることできなければ、補食(3食の間に食べる食事の一部)を取り入れて、5種類の食事が1日に3回登場するようにしてみるのも1つの方法です。
同じエネルギー量を“朝より” に食べるのと、“夜より” に食べるのでは、身体への影響は異なるんですよ。
  ・強い身体
  ・怪我をしにくい身体
  ・余計な脂肪をつけない身体
を作るためには、朝からしっかり食事をすることが、まず大切です。
これから、少しずつその当たりをお話ししていきますね。
ちなみに運動していない人にとって、健康を支える食事は “主食・主菜・副菜” の3種類が揃っていることです。

 

 

 「勝てるアスリートの食事学」TOP
 HOME


Copyright (C) Socio NARAWA SPORTS CLUB. All Rights Reserved.  記載内容の無断転用を禁ず。